犯罪/刑事
-Legaleservice-

  • 犯罪/刑事
  • 犯罪/刑事について

ご家族(大切な方)が逮捕されてしまったら一刻も早く弁護活動を開始する必要があります。逮捕直後の初動弁護は誰にでもできる弁護活動ではなく(職人的な)弁護活動であると考えております。一人で悩まずに、まずはお電話ください。


逮捕直後の捜査弁護に特に注力

令和3年3月17日現在、勾留請求(検察官が身柄を拘束するように求める手続)の却下決定を10連続で獲得しております(却下率は2%とも言われているます。)。逮捕直後の刑事弁護には特に実績がございます。ご依頼者様に寄り添い、誠心誠意弁護をいたします。弁護士登録以来、元刑事裁判官や元検察官等から指導を受けて一貫して事件に取り組み、事案ごとのポイントは把握しております。

また、代表の角は、「刑事弁護21のメソッド」(第一法規)という書籍も共著しております。

このようなお悩みはございませんか?

  • 身内が逮捕された。どうしてよいかわからない
  • とにかく迅速に動いてくれる弁護士を探している
  • 会社にバレずに何とかしたい
  • できるだけ早く身柄を釈放してほしい
  • 前科をつけたくない

逮捕直後の捜査弁護(特に身柄の早期釈放と示談交渉に力を入れています。)/前科をつけず不起訴を目指す捜査弁護/痴漢・強制わいせつ等性犯罪事件/飲酒に伴う暴行・傷害・脅迫事件その他罪名を問わず幅広く対応しております。

犯罪・刑事分野はお任せください

  • 弁護士に相談するメリット

やれることは全部やりたい
令和3年3月17日現在、勾留請求(検察官が身柄を拘束するように求める手続)の却下決定を10連続で獲得しております(却下率は2%とも言われているます。)。逮捕直後の刑事弁護には特に実績がございます。ご依頼者様に寄り添い、誠心誠意弁護をいたします。

弁護士登録以来、元刑事裁判官や元検察官等から指導を受けて一貫して事件に取り組み、事案ごとのポイントは把握しております。

捜査弁護では特に「やれることは全部やる」ということをモットーにしております。弁護士がこれから何をし、そのためにどのような準備を行うか等も接見や面談のたびにご本人に説明し、進めていきます。必要に応じて、(ご本人からのご同意を受けたうえで)ご家族などにも随時現在どのような状況になっているのかをご報告いたします。

  • 納得する解決ができる(あとで後悔しない解決ができる)
  • 方針で迷わない
  • ややこしい手続や処理を代行してもらえる
  • 見落としがちな問題を発見できる(自分で処理をして損をすることを回避できる)
  • 結果的に経済的に大きな利益を得られる場合がある

刑事弁護は迅速さが命です

まずはお金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回面談相談は30分無料です。着手金をいただく前から初回接見を実施いたします。初回接見後に正式にご依頼をいただくことになった場合に、はじめて着手金をいただいております。

 

適切な報酬
着手金・報酬金共に適切な報酬額であることを心がけております。見積りも作成し、総額費用も明確にご提示しておりますのでご安心ください。見積りも作成し、総額費用も明確にご提示しておりますのでご安心ください。

常磐線、京成線「金町駅」から徒歩1分。なるべく少ないご負担で来所いただけます。

  • 犯罪/刑事の解決事例
  • 犯罪/刑事の弁護士費用

弁護士の費用は大きく分けて以下の4つがあります。

❶ 相談料
法律相談をする際に発生する費用です。
当事務所では、初回30分については面談相談料0円です。

❷ 着手金
事件着手時に発生する費用のことで、事件の結果によって金額が変わることがない費用です。
結果にかかわらず着手金は返金されない費用となります。

❸ 報酬金
事件の解決時に発生する費用のことで、事件の結果によって報酬金は変わります。
つまり、経済的利益が得られなければ基本的に報酬金はゼロとなります。

❹ 実費等
実費は、交通費や郵便切手代等実際に掛かった費用です。その他には、遠方の裁判所等に出張した場合に発生する日当や戸籍等の取得を弁護士に依頼をした場合の取得手数料があります。
詳細は、面談をした際に、実費等請求基準表をお示ししてご説明いたします。

時間 相談料
〜30分無料
以後30分ごと 5000円(税込5500円)

初回接見料

初回接見料通常時の接見午後6時〜午前9時の接見
3万円(税込3万3000円) 5万円(税込5万5000円)

 

捜査弁護

捜査弁護
(逮捕直後~起訴されるまで)
着手金報酬金

30万円(税込33万円)

  1. ※身柄の解放に関する手続を含む場合追加着手金10万円(税込11万円)

※否認事件で無罪・不起訴を求める事件、裁判員裁判対象事件は別途相談

  1. 不起訴:30万円(税込33万円)
  2. 略式起訴:25万円(税込27万5000円)
  3. 身柄解放:20万円(税込22万円)
  4. 接見禁止の一部解除:10万円(税込11万円)

※示談活動は捜査弁護活動の最も基礎的な活動であると考えておりますので、示談活動をすることは着手金に当然含まれており、着手金とは別途、示談の報酬金をいただくことはありません。

保釈保証金(保釈をする際に裁判所に納める担保金)を基準に保釈報酬を受領する事務所もございますが、保釈保証金を下げたいご依頼者のご意向と保釈保証金が高ければ高いほど弁護士報酬を受領できる弁護士の利益とは、相反するものと考えており、ご依頼者の最大限の利益を追求する観点から、当事務所では保釈報酬は固定の金額としております。

 

公判弁護

公判弁護
(起訴~控訴期間終了まで)
着手金報酬金

40万円(税込44万円)

※起訴前から受任し移行する場合は追加30万円(税込33万円)

※否認事件で無罪を求める事件、裁判員裁判対象事件は別途相談

執行猶予・罰金となった場合:30万円(税込33万円)

実刑で求刑より減刑:20万円(税込22万円)

無罪:80万円(税込88万円)

※複雑困難な事件の場合は20万円を加算する。複雑困難な事件とは,公訴事実が複数に亘る事件,共犯事件,同種前科がある事件等。

 

逮捕前契約

逮捕前契約着手金報酬金
5万円(税込5万5000円) 0円

【逮捕前契約とは】
ご相談時点では逮捕を含む身柄拘束はされていないものの、将来的に逮捕をされる可能性がある等のご不安がある方に向けた契約となります。
契約後は、もし逮捕されることがあった場合、迅速に身柄解放の手続に入ることができます。
また、逮捕後の流れ、手続、具体的な弁護士活動や取調対応等のアドバイスも初回面談時に図示しながら丁寧に行います。
少しでも逮捕のご不安や捜査開始へのご不安がある方は、まずはこちらからご契約のご検討をお勧めいたします。

弁護士の費用は大きく分けて以下の4つがあります。

❶ 相談料
法律相談をする際に発生する費用です。
当事務所では、初回30分については面談相談料0円です。

❷ 着手金
事件着手時に発生する費用のことで、事件の結果によって金額が変わることがない費用です。
結果にかかわらず、着手金は返金されない費用となります。

❸ 報酬金
事件の解決時に発生する費用のことで、事件の結果によって報酬金は変わります。
つまり、経済的利益が得られなければ基本的に報酬金はゼロとなります。

❹ 実費等
実費は、交通費や郵便切手代等実際に掛かった費用です。その他には、遠方の裁判所等に出張した場合に発生する日当や戸籍等の取得を弁護士に依頼をした場合の取得手数料があります。
詳細は、面談をした際に、実費等請求基準表をお示ししてご説明いたします。

時間 相談料
〜30分無料
以後30分ごと 5000円(税込5500円)

初回接見料

初回接見料通常時の接見午後6時〜午前9時の接見
3万円(税込3万3000円)5万円(税込5万5000円) 

 

捜査弁護

捜査弁護
逮捕直後~起訴されるまで
着手金報酬金

30万円(税込33万円)

  1. ※身柄の解放に関する手続を含む場合追加着手金10万円(税込11万円)

※否認事件で無罪・不起訴を求める事件、裁判員裁判対象事件は別途相談

  1. 不起訴:30万円(税込33万円)
  2. 略式起訴:25万円(税込27万5000円)
  3. 身柄解放:20万円(税込22万円)
  4. 接見禁止の一部解除:10万円(税込11万円)

 

※示談活動は捜査弁護活動の最も基礎的な活動であると考えておりますので、示談活動をすることは着手金に当然含まれており、着手金とは別途、示談の報酬金をいただくことはありません。

保釈保証金(保釈をする際に裁判所に納める担保金)を基準に保釈報酬を受領する事務所もございますが、保釈保証金を下げたいご依頼者のご意向と保釈保証金が高ければ高いほど弁護士報酬を受領できる弁護士の利益とは、相反するものと考えており、ご依頼者の最大限の利益を追求する観点から、当事務所では保釈報酬は固定の金額としております。

 

公判弁護

公判弁護
起訴~控訴期間終了まで
着手金報酬金

40万円(税込44万円)

※起訴前から受任し移行する場合は追加30万円(税込33万円)

※否認事件で無罪を求める事件、裁判員裁判対象事件は別途相談

執行猶予・罰金となった場合:30万円(税込33万円)

実刑で求刑より減刑:20万円(税込22万円)

無罪:80万円(税込88万円)

※複雑困難な事件の場合は20万円を加算する。複雑困難な事件とは,公訴事実が複数に亘る事件,共犯事件,同種前科がある事件等。

 

逮捕・捜査前契約

逮捕前契約着手金報酬金

5万円(税込5万5000円)

0円

【逮捕・捜査前契約とは】
ご相談時点では逮捕を含む身柄拘束はされていないものの、将来的に逮捕をされる可能性がある等のご不安がある方に向けた契約となります。

契約後は、もし逮捕されることがあった場合、迅速に身柄解放の手続に入ることができます。
また、逮捕後の流れ、手続、具体的な弁護士活動や取調対応等のアドバイスも初回面談時に図示しながら丁寧に行います。

少しでも逮捕のご不安や捜査開始へのご不安がある方は、まずはこちらからご契約のご検討をお勧めいたします。

Copyright© 弁護士法人葛飾総合法律相談所 All Rights Reserved.